未設定
chikuwaq:

Kumikoooooo !!

chikuwaq:

Kumikoooooo !!

darylfranz:

大豆って万能すぎんだろw - ヒロイモノ中毒
今日、昼過ぎまで休日出勤して帰ってきたら、
娘(10歳)が玄関まで来て深刻な顔で「話があるの」って言ってきた。

リビングに小さなダンボールが置いてあって、耳だけ見えてる。
拾ってきて飼いたい、パパお願いと切実に言ってきた。

自分は昔から本当に猫が好きで、ずっと苦楽をともにしてきた1匹の猫が死んでからは、
あまりの悲しさに、もう二度と猫は飼いたくないと思ってた。

(ここにいるみんなからはその気持ちに不満の声があがると思うが)

拾ってきた子の姿を見てしまえばもうダメだと思って、一切無視して、
娘が悲しむだろうとか、死んだ猫のこととかいろいろ考えて、振り絞って、

「○○、この家ではな、猫は飼えニャイ。」と言ってしまった。
一瞬でも猫のことばっかり考えたら、死んだ猫にニャン語使ってたのが勝手に出てきた・・・orz

もともと自分が猫が好きだってこと知ってる嫁が大爆笑して、
「飼えニャイわけなかろうwww」と言い出し、

娘も「いいの?いいの?」と、完全に母娘が「チョコちゃん良かったねー!」
と、すでに決めた名前を呼んでダンボールから取り出して抱っこしてた

ぬこのコピペください 前編 - 〓 ねこメモ 〓 (via konishiroku) (via kkmk) (via rollstone) (via gkojaz) (via rosarosa)

2010-03-08

(via gkojax-text) (via tsaori)

見かけたらReBlogせざるをえにゃい名quoteのひとつ。

(via nakano) (via fialux)

(via petapeta) (via nwashy)

(via fullsquare) (via aki373) (via hkdmz) (via highlandvalley) (via mobits) (via konishiroku) (via etecoo) (via kiri2) (via clione) (via yellowblog) (via migodko) (via avycko9)

(via ramona538) (via quote-over100notes-jp) (via highspeedturbine) (via technerd-org) (via nom0623)

(via hey2m)

(via ewa4618) (via deepspeed) (via sho235711) (via suzukinasake) (via s-tsuruta) (via moja-moja) (via yu-ya) (via aki373)


何度でもリブログせざるえニャイ

(via kotobukieditor) (via nanikano) (via hughughug) (via konishiroku)

(via junsakura)

(via chikuri) (via itokonnyaku)

(via s-hsmt) (via hsmt) (via kyounoiine) (via poochin) (via nwashy) (via afrogenic) (via mingonov) (via 908908) (via daizydaizy) (via naname45)

(via nise3kawan) (via megane4141) (via edongein774) (via athsear) (via nothot)

(via s-hsmt) (via itokonnyaku) (via mnak) (via jam343)

(via s-chihaya) (via twinleaves) (via mitaimon) (via io118) (via tra249)

例えばさ、よく就活を結婚に例える話ってあるんだけど、

まぁ、1日の三分の一以上の時間を一緒に過ごして、40年間つきあう可能性もなきにしもあらず、ってことを考えたらあながち間違いでもないんだよね。

だとしたらさ、私、来年結婚します、みたいな話で奥さんとの馴れ初めをきいたときに

「妻との馴れ初めですか? ええ、出会い系サイトで妻の写真とプロフィールを見て私から交際希望を申し込んだんです。どうしても私この半年で結婚したくって。そしたら私、先着50名限定の中から運良く選ばれたんです!。それで自分のプロフィールとこういう結婚生活をしたい、って200字くらいのラブレターを書いて送って。それがキッカケです。一応ラブレター書くときは元カレにも会って話聞いたりしましたよ。え?デート? いやあ全部で3回くらいですかねー。はじめてあったときは15分くらい趣味とかを話して終わりました。次は、彼女のお兄さんも同席で15分くらい話しました。それで最後はお父さんも同席して15分くらい話しをして、それで結婚を申し込んだんです。ええ。オッケーでした。私は選ばれたんです! 式は1年後ですね。彼女もきっと幸せだと思います。あと恥ずかしい話なんですが、実はまだ彼女と経験もなくってハハハ・・・彼女と次に会うのは式の日ですね。1年後が楽しみです。いやあ幸せだなぁ。これから40年間の結婚生活が楽しみです」

みたいなこと、友達に言われたらどうよ?  

(うわぁ・・・これはやっちまったなぁ・・・)

みたいなざわざわした空気なるっしょ? こんな話披露宴とかで流されたら、会場静まっちゃうでしょ。

でも、なんか職探しだとすでにこれがデフォルトになってるんだから、マジ21世紀ってサイケ。

猫が寝ている私の鼻の穴にカリカリをつめてきます
生後10カ月の猫が、キャットフードを私の枕まで運んでいます。とても優しい子で、私にご飯をわけてくれているのでしょうが、困ったことに夜私が寝てから運んできて、しかもおでこやら鼻の下やら耳の穴や鼻の穴の中にカリカリを置いていきます。首から上の部分のどこかでご飯を食べるということを理解しているようですが、それが口だとはわかっていないようです。 正直猫のカリカリは結構においがするので困っています。しかもカリカリの粉がほっぺたなどにくっつくとザリザリして気持ちが悪いです。 どうすればよいでしょうか?
darylfranz:

さすがやで! 「さかなクンの謝罪文」 面白すぎワロタw

今回、日教組の異常さに言及したのはハイヒールのリンゴさんと、ロザンの宇治原史規さんです。
 お二方はともに大阪府枚方(ひらかた)市の公立中学校のご出身です。
 枚方と聞いて「あっ」と思った人はかなりの日教組通かも(^_^;

 以下、その部分を大ざっぱですがご紹介。
 (吉本らしい「笑いをとる」やりとりは全面カットしています)
 
 …………「事業仕分け」9日間の成果を紹介する特集の中で…………

リンゴ
「皆さんやっぱり一番気になると思うんです、この義務教育の国庫負担金でございますが、さあ見ていただきましょう。こうなっております」

リンゴ
「まずね、どうして、ま、もう削るためのもんなのに、増やすべきという仕分けが出たのかというと、まず民主党はマニフェストに教員増員を掲げていると。だからそこに彼らは、まあちょっとある種、民主党の中で聖域になってる部分がある。次ですね、次世代スパコンを、ま、(蓮舫議員が)『2位ではダメなんですか、1位でないとダメなんですか』みたいなコメントを言ったことに対して、わりと世間からこう、いろいろ風にさらされてる部分があって、教育に関してあんまり言うちゃいかんなというニュアンスが出てきたんではないか?です。これはたまたま仕分けの順番がこうなってるんかもしれないから、これは言えない。そして、何よりも、次の参院選を控え、日教組、ここがまあ支持母体の一つです、日本教職員組合ですね、こちらに配慮したんではないかという、この3つが言われています。ま、教員を減らしたりとかすることに関しては、日教組が絶対反対しますからね。で、改めてこの日教組なんですけれども、 1947年、戦後に結成されました日本最大の教員労働組合連合体でございまして、今のところはですね、だいたい29万人。ところが昔はまあ59万人とか 60万人ぐらいいてたんですよ」

モモコ
「すごい」

リンゴ
「それがだんだんやっぱり日教組の組合員が減ってまいりまして、かつては社会党の最大支持母体だったんですが、社会党が自民党と大連立をした時に電撃和解をしまして、そこからゆとり教育が生まれるという。それまでも競争があかんて、私らもう枚方で、はっきり言いますけど、枚方出身ですけど、枚方、日教組めちゃくちゃきつかったんですよ。ほんだらもうあれですよ、かけっこでも、徒競走、勉強でけへん子が体育できる時もありますやんか。そやけど、その体育できる子も、もう5人手つないで走らなあかん、5レーン」

一同
「えーーー?!」

菅広文(ロザン)
「多いですね、今ね」

宇治原史規
「僕も中学、枚方。枚方の公立の中学校なんで。枚方市立さだ中学校です(サイトこちら。音出ます)」

リンゴ
「きっつかったやろ、日教組」

宇治原史規
「高校受験の時に、公立の地元の高校に行けと、全員がやっぱり言われるんです」

リンゴ
「そう、私らも磯島高校いう高校に、地元集中言うて、行け言われるんですよ。言うたら、学区内で賢い子が学区外に出るわけじゃないですか、枚方市から。ほんで、あかん言われんねんな」

宇治原史規
「そうです、そうです」

リンゴ
「国立行ったんやね?」

宇治原史規
「僕はだから大教大天王寺(大阪教育大学附属高等学校天王寺校舎)受けたんですけど、やっぱり僕が受ける時も、いちおう公立の地元の高校、そのレベルとか全く関係なく勧めてこられましたよ」

一同
「へえー」

リンゴ
「そうそう、ほんで、先生とマンツーマンで話すんねん」

宇治原史規
「そうです」

リンゴ
「内申書書かへん言われたもん、私」

一同
「えーーー?!」

リンゴ
「もうそこまで言われましたよ」

宇治原史規
「みんながみんなそうじゃないですけど、そういう先生も中にはいると」

リンゴ
「そう、中にはいる。私の先生はそういう先生だった」

一同
「えーー……」

リンゴ
「ほんで、その地元の磯島高校っていうとこに、いろいろ先生と話して、それで納得して、先生の意見に賛同して、磯島高校行った子もいっぱいおったんですよ。で、その磯島高校が今度(2004年)閉校になったんですよ、要は。子供が少ななってきて。ほんだら、自分の出身校がなくなるという、とても悲しいことになってしまうという。ま、それは別に日教組が悪いわけじゃないですけどね」

河合俊一
「みんなで一緒に手つないでゴールしなきゃいけないってことは、テストでも間違っても全員100点だったりするの?それ」

リンゴ
「いや、そこまではないですけど」

河合俊一
「え?何でスポーツだけ一緒で、勉強は違うの?」

リンゴ
「勉強(の評価)は2段階なんですよ。だから、『達成してる』か『頑張る』か」

一同
「ああー……」

菅広文
「少ないんですね」

リンゴ
「そうそう、だからその当時、五ツ木の模擬試験とかあったんですけど、模擬試験とか受けに行くの絶対あかん言われたやろ?」

宇治原史規
「あ、僕らの時は五ツ木は大丈夫だったんですよ」

(以下、2人の年齢差がいじられて、日教組の話は終了)

cineraria:

Bert the Cat vs Cat Balloon - YouTube

rairaiken424:

What If Your Friends Acted Like Your Pets

This is great, I need to see this video